【第34週】『つみたてNISAと投資信託で5万円投資してます。その後どうしたら良いですか?』という人に言いたいこと。

sideFIREドキュメント

北京オリンピックも本日が最終日。カーリング女子が活躍しているせいでここ2,3日寝不足です(嬉しい)。どうも、だりおです。

最近、ブログのトピックスをTwitterから抽出していることが多いですが、最近、こんな投稿が多くなってきた印象があります。

つみたてNISAを満額設定しました!クレジットカード決済での投資があと1.5万円くらいできます!皆さんだったらこの1.5万円で何に投資しますか!?

年初になってつみたてNISA口座を始めて開設した投資初心者の方のツイートなんだと思います。今回はこのような問いかけに対する、僕なりのアンサー、というか持論を発信していこうと思います。

まずは、今週の資産運用状況から行きましょう!

今週の資産運用状況

ロシアーウクライナーアメリカの情勢が緊迫感を増してきた影響なのでしょう、長期ポートフォリオは軒並みマイナスですね。

ファンドが買いやすくなるのはありがたいですが、情勢緊迫の当事者を考えると、他人事ながら心配ですね。

対して、中期ポートフォリオで管理している国内株式ですが、日経225の値動きに比べて傷は浅く済んでいます。

©Google

特に、高配当株投資を2021年11月から始めて、当時から見ると日経225は-7%なんですが、自身のポートフォリオ上ではほぼトントンです。銘柄選定や分散が上手くいっているということかな?とポジティブに考えています。

銘柄選定などの参考にしているのはこちら↓

©両学長リベラルアーツ大学YouTubeチャンネルより

ちなみに、高配当株投資を本格始動したのはこちらの週から↓

【第19週】高配当株投資の本格始動。そして初めてのブログ収益!※アドセンス狩りじゃないか心配

つみたてNISAを満額設定したその後は…?

冒頭にも書きましたが、「つみたてNISA満額設定後の迷子勢」がTwitter上では続出しています。

楽天証券を例に出すと、投資信託のクレジットカード決済での積み立て上限が5万円までとされており、つみたてNISA口座への積立で33,333円、残りの16,667円をどうしよう?ということなのでしょう。

そのようなことに悩んでいる方々に僭越ながらご意見差し上げます。

目標とする場所を再確認しよう

つみたてNISAをはじめ、資産形成・投資を始めたということは、すべからく「資産を増やしたい」という目的があったからだと思います。

ただ、資産・お金を増やすことという【目的】を意識しすぎて、「何のために、いつまでに、どのくらい」という【目標】が疎かになってる人が多い気がしますね。

まずはその辺の自己把握から進めてみてはどうでしょうか?

特に数年先に数十万円使う予定が無いなら、特定口座で同じファンドを買うのもアリ

つみたてNISAをはじめた理由は人それぞれでしょうが、20年の非課税枠を利用して複利効果を活かしたい訳ですから、「20年はこの口座のお金は使わなくても良い」と思っているお金だということですよね。

※つみたてNISAはiDeCoや企業型DCとは異なり、適宜、口座からお金を取り崩すことが出来ます。

中には3~5年先に数万~数十万単位でお金を使う予定が無い人もいるでしょう。そのような人は、同じファンドを特定口座で買うのもアリだと思います。

例えばですが、つみたてNISAで期待リターンが年利5%のファンドを非課税期間の20年積み立てた場合、以下のような結果になります。

【しっかり】積立合計額シミュレーション|しるぽると
※毎月積立額:33,333円、利率:5%、積立期間:20年0ヶ月、利息計算:12ヶ月(複利)で計算

右側の合計額は税引き後の金額になるので、つみたてNISAの結果は【元金分】と【利息分】を足したものになり、正確には13,206,887円になります。

そして、残りの16,667円を同じファンドに20年間積み立てた場合は以下のような結果になります。

【しっかり】積立合計額シミュレーション|しるぽると
※毎月積立額:16,667円、利率:5%、積立期間:20年0ヶ月、利息計算:12ヶ月(複利)で計算

こちらは特定口座なので右側の【積立合計額】の欄を参照します(運用利益に対して約20%課税されるため)。20年後には6,075,046円になることが期待できますね。

先のつみたてNISA口座の13,206,887円と、この特定口座の6,075,046円を合わせると、19,281,933円になります。

いわゆる【老後2,000万円足りない問題】は解消されることになりますから、取り敢えず老後資金を確保したい人は、この手法で十分でしょう。

リスクを覚悟でスピード感を出したいならレバレッジファンドも検討

数ヶ月前から販売が始まっている【楽天レバレッジNASDAQ-100(楽天レバナス)】などのレバレッジファンドの購入を検討しても良いかも知れません。

レバレッジファンドのことを知らない方のために簡単に解説すると、S&P500やNASDAQ-100など、特定の株式指数の値動きの2倍の割合で値動きをするファンドのことです。

ただし、このようなレバレッジファンドは値動きが大きい分、増える時はものすごい増えますが、減る時もものすごいスピード感で減っていきます

※楽天レバナスについて私見を発信した記事があります。レバナスの特徴などを知りたい方は参照してください。

【第21週】最近の流行(?)しているレバナス投資に思うこと

個人的にもリスク許容度に合わないので購入していませんが、以下のような投資初心者なら検討の余地があるかもしれません。

  • 独身
  • 生活防衛資金を確保している
  • ある程度安定した収入源がある(正社員など)
  • 貯蓄率(月当たりの収入に対する貯蓄額の割合)が20%以上ある
  • 数年の間に数万~数十万円の支出の予定が無い

以上のような属性の方なら、ある程度リスク許容度は高い方なので、レバレッジファンドのような高リスク投資に16,667円程度使うのもアリかもしれません。

投資に成功して資産が増えたらラッキーだし、失敗して資産が減っても、年間20万円程度にしか影響が出ないので傷は浅く済みます。

「投資をすることとはどういうことか(=自分のリスク許容度を知る)」を学べる機会だと割り切って投資しましょう。

国内の高配当株投資をやってみる

個人的なおススメで言えば、「高配当株投資」をしてみるもの良いと思います。

高配当株投資を行うメリットは以下の通りです。私見も混ざるのでその辺はご承知おきください。

  • 為替リスクを受けない
  • 円のキャッシュフロー(収入源)を得ることが出来る
  • 目標金額に達したら取り崩す必要がない(配当金を得ることが目的だから)
  • 日本や世界のニュースに関心が持てるようになる

「生活費の半分を配当金収入で、もう半分を自分の好きな労働で」というsideFIREを目指す人は要検討でしょう。

投資信託では貯まった後に取り崩さなくてはなりませんが、配当金を得ることが目的の高配当株投資では、取り崩すことを考える必要が無いので、そういう意味では気が楽です。

あと、色々と考えて投資をするので、自分の努力(分析)次第で結果が変わりますから、投資そのものが楽しいと感じることもありますね。

月の元手が16,667円だと仮定すると、小額投資から始めることになるので、ネオモバイル証券口座の開設が必須になります。下の画像がリンクしているので、開設する方はそちらからどうぞ。

©ネオモバイル証券

銘柄分析を参考の際は、先に挙げたYouTube動画、または、以下のバナーを参照しても良いかも知れません。

結び

如何だったでしょうか?投資や資産運用は基本的には個人のリスク許容度によって、取るべき手法や到達するまでの時間は変わってきます。

また、お金に関わることなので、誰かのいうことを参考にすることは良くても、真似することだけは絶対に避けた方が良いでしょう。仮に自分の思い描いている結果ではなかった場合にも、だれも責任は取ってはくれません。

投資・資産運用は自分の頭で考える。これが鉄則です。

自分のリスク許容度を理解して、その上で投資・運用方法を検討しましょう!

トピックスページで家計管理やポイ活など、様々なことを発信しています!見てくださった方にとって何か少しでも有益なことがあったら嬉しいです!良かったら覗いてみてください^^

BlogMapにも登録しています!ブロガーの皆さん、良かったら繋がってください^^以下のリンク先で【月間TOP3記事】を紹介しています!

©Blog Map

コメント

タイトルとURLをコピーしました