【第40週】PhotoACクリエイターに登録してみた話

sideFIREドキュメント

sideFIREに向けて、どうしても収入フローを増やしたい男。どうも、だりおです。

皆さん、【PhotoAC】というサービスをご存知でしょうか?

【PhotoAC】とは、写真のフリー素材サイトで、「著作権フリーの写真なので、ここからダウンロードした写真はどこで使用しても良いですよ」というサービスを提供しているサイトです。

©PhotoAC トップページ(画像がリンクしています)

当ブログのアイキャッチ画像は、ほとんどこのサイト内の写真や画像をダウンロードして活用しているのですが、その作業の際、ふと「写真でお金を稼ぐ方法」というバナーが目に入ってきました。

写真撮るのは好きだし、こういうところに写真投稿したら稼げる可能性もあるし、俺に向いてんじゃね?

と感じたので、この度、クリエイター登録をしてみました。

今回のトピックスは、「PhotoACクリエイターに登録した理由」と「取り敢えず活動してみたレビュー」を取り上げてみようと思います。

まずは、いつも通り今週の資産運用状況から行きましょう!

今週の資産運用状況

今回、長期ポートフォリオのExcelフォーマットを少し変更して、【ポイント投資】という欄を無くし、【投資信託】の欄に一本化することにしました。

理由としては以下の2点です。

  • 今後、SBI証券で積み立てていくにあたり、手数料や投信マイレージの特典の都合上、3つの投資信託に投資する形になり、表記を分けるのが面倒になったから。
  • 実際は「楽天ポイントで投資信託を購入している」ため、本質は全て【投資信託】だから

一応、どこにどのくらい投資して、そのリターンがいくらなのかは画面外で計算し、その結果を表に反映させるようにしているので、特別間違いはないと思います。

PhotoACクリエイターに登録した話

冒頭にも伝えましたが、この度、【フリー写真素材サイト:PhotoAC】のクリエイターに登録してみました。

登録を考えた理由と、実際に活動をしてみてわかったことは以下の通りです。

  • 登録を考えた理由
    • サイトの性質上、ストック収入化が期待できるから。
    • 単純に好きなこと(写真)で収入化に向けて活動できるから、ストレスが少なそう。
  • 実際に活動をして分かったこと
    • スマホ撮影の写真でもOK。
    • 投稿時に設定を欲張ると審査からはじかれやすい。
    • 写真の加工もし過ぎると審査からはじかれやすい。
    • 身バレのリスクは高まるので、慎重な活動になる。

登録したのが3/29で、まだまだ初心者にもならない入門者ですが、それぞれ掘り下げていきます。

ストック収益化が期待できる

PhotoACのクリエイター収益は、クリエイター自身が投稿して登録された写真・画像をユーザーの誰かがダウンロードすることで、1ダウンロード辺り3円程度の収益が発生する仕組みになっています。

収益モデルとしては、成果報酬型のアフィリエイト収益と似ているでしょうか?

アフィリエイトとPhotoACの収益フローのイメージ

入口は異なりますが、写真を見られるだけでなく、「ダウンロード」という報酬条件が達成されないと収益にならないのは、アフィリエイトの収入フローと似ていますね。

収益は1ダウンロードあたり3円と決して高くないですが、比較的ストック性の高いモデルになるので、戦略を考慮して積み上げていけば、それなりになるかもしれません。

ちなみにですが、強豪のベテラン勢でも月10万円くらい行けば良い方とのことです。その辺は、過去に別ブログでの失敗体験もあるので、過度な期待はしないで少しずつ進めていきます。

写真を撮ること自体が好きだから、上手くいかなくてもストレスにならなそう

個人的に写真を撮ること自体は決して苦ではなく、むしろ楽しくやっています。

職場の先輩でメチャクチャ写真が上手い方がいたので、それに憧れて5年くらい前から一眼レフを買って趣味で楽しんでいました。

実際に使用しているカメラがこちら↓

一眼レフなのでやや値は張りますが、レンズが2種類付属されているので、初心者でもあらゆる写真の撮り方を楽しめます。

やはり続けていくには楽しく出来るに越したことは無いですし、楽しくやり続けた結果、多少でも収益が出るのならばありがたいことです。

実際に、現状登録が済んだ写真の一例がこちら↓(それぞれ画像がリンクしています。規約違反などで警告が来たら削除します)

ただ、戦略の本質は、「綺麗な写真」ではなく、「使える・使いやすい写真」だと思っているので、その辺は気にして活動していければいいかと思います。

スマホで撮った写真でもOK

一眼レフを所持していても、外出の目的や荷物の都合、撮影タイミングの問題で必ずしも一眼レフで撮れない時もあるので、スマホで撮ることもしばしばあります。

PhotoAC投稿の場合は、撮影媒体は関係なく、スマホで撮った写真でも投稿が可能です。

前述したように、「綺麗な写真」ではなく「使える・使いやすい写真」がダウンロードされやすいので、その観点からすると、あまり撮影媒体は重要ではないのかもしれませんね。

もちろん、綺麗に越したことはないので、その方が良いでしょう。

ただし、PhotoACの場合、解像度などの観点から、S~Lサイズで画像ファイルが分けられています。

©PhotoAC

スマホ写真の場合は、一眼レフに比べると流石に解像度が低くなるので、Lサイズのダウンロードが出来ないため、ユーザーにとっては良くないのかもしれません。

これからPhotoACのクリエイターとして活動していきたいと考えている方は知っておいた方が良いでしょう。

投稿時の設定や画像加工を欲張ると審査が通らない

写真投稿時には写真のタイトル・タグ・カテゴリーの設定などを行うのですが、この辺を欲張ると審査が通らないこともあります。

実際の投稿画面がこちらです。

PhotoAC投稿画面より

画像で示している部分ですね。

投稿した写真が色んな検索に引っかかるように、少しでも要素があると自分の中でこじつけて設定してしまうと、サイトの方から「カテゴリーが不適切です」と指摘され、審査が通らないこともあります。

また、過剰な画像の加工も同様です。

一般的な写真コンテストなども、画像加工自体は認められていますが、過度に行うと写真味が感じられず、イラストのようだと見なされて、はじかれてしまうことが多いです。

審査が通らなかった場合、いずれのパターンも「初めからやり直し」になってしまうので、写真のトリミングなどにも時間がかかりますがから、きちんと準備をした状態で投稿したいですね。

身バレのリスクが高くなるかも?

写真活動をすると、あらゆるところに出掛けて、その先で素材を撮りためることが出来ます。

しかし、現在の生活状況では、以前のようにフラッと県外に出掛けることが出来ません。

単純な理由ではコロナ禍であることもそうだし、妊娠中の妻を置いて自分だけ宿泊して素材探し…なんてことは出来ません。

となると、自身の生活範囲内になる場合が多いのですが、構図内の要素によっては生活圏がバレ、個人の特定にも繋がる可能性があります。

今回の挑戦に併せて、Instagramの活動も始めたので、慎重に活動していきたいですね。

結び

如何だったでしょうか?今回はPhotoACクリエイターに挑戦を始めた経緯などを簡単にトピックスにしました。

これから家族が増えるので、今後、自由な時間を増やして家族との時間を確保するため、今のうちに収入のフローは増やしていきたいです。

Instagramは不定期更新ですが、作品をいくつか発信していこうと思います。僕の作品を見て、「こういう写真撮ってきてくれませんか?」という依頼があれば、可能な範囲内で対応します。

これからもsideFIRE目指して、ブログの運営とともにクリエイターとしても頑張っていきます!!

トピックスページで家計管理やポイ活など、様々なことを発信しています!見てくださった方にとって何か少しでも有益なことがあったら嬉しいです!良かったら覗いてみてください!

BlogMapにも登録しています!ブロガーの皆さん、良かったら繋がってください^^以下のリンク先で【月間TOP3記事】を紹介しています!

©Blog Map

コメント

タイトルとURLをコピーしました